定期的に集まる通信高校の仲間

通信高校は毎日学校に通う全日制高校と異なって、卒業条件は74単位以上の学科単位の修得、3年間以上の在籍、学校に集まって必要な時間の特別活動を行うことです。単位修得は、通信高校が定めている科目に応じて単位数を習得するためのレポート枚数があり、このレポートを作成・提出し合格する事。各科目のスクーリングに出席し認められる事、各科目の認定試験に合格以上で科目の単位が得られます。


<時々集まる仲間>

単位修得には時々集まって行う学校行事やホームルームの特別活動は、通信高校にとって楽しいひと時を過ごすことが出来ます。同じ志を持ち働きながら学ぶ仲間との交流は、自分だけの世界で勉強している者に取って息抜きと同時に、開放的な気分に浸り仲間との話題に花が咲き、貴重な時間を過ごすことが出来ます。単位修得に必要なこの特別活動は、必須項目であり通信高校の楽しい行事でありカンフル剤のような効果があります。通常の通信高校の登校日は週一回程度であり、専門コースではその道の専門家の学習も可能であり、疑問点や不明な点を確認したり知識吸収も出来るので、仲間との交流以上に登校する意義があります。勉強に行き詰った時は、登校日の交流で他の人達の勉強法や体験談を聞くことで、気分刷新が図れ新たに出発する事も可能であり、有意義な時間を過ごすことが出来ます。

Comments are closed.