就職に特化した通信高校

通信高校を選択したことで就職には不利なのではないかといった懸念の声も以前はありましたが、今ではデメリットも余り無いと考えられています。社会全体が就職難ですから、就職先を見つける事自体が厳しい状態ではありますが、そういったことは全日制であっても大学卒業であっても変わりません。むしろ今は大卒にとって冬の時代かもしれません。通信制を卒業したからといって敬遠されるわけではありませんし、就職に強い通信高校を選べばもっと有利です。


<就職に有利な通信高校は>

通信高校にも進学を見据えた指導を行なう学校と、就職に有利な学校があります。母体がビジネス系の専門校である通信制ならば、就職先に強いパイプを持っているでしょう。その母体である専門校の就職率が、通信制でも反映されます。技能学校と連携している学校は、在学中に技能を取得することが出来ます。その単位も必要単位に加えることが出来る用になっているため、卒業にも有利です。全日制においても、農業高校や工業高校、商業高校といった特殊な学校は就職率が9割以上です。技能学校との連携している通信高校は、こういった学校と同じような特徴を持っていますので、いかに技能を身につけることが就職に有利かということも表されています。技能学校を卒業したとしても高校卒業資格にはなりませんが、通信制では卒業資格がとれますので、その点でも効率的です。

Comments are closed.