通信高校で受けることのできる学費援助

高校の学費援助の法律が変わり、高校無償化と呼ばれる就学支援金制度を受けることができるのは、年収910万円以下の家庭となりました。この制度は親の年収で就学支援金を受けられるかどうかが決まるという点から、賛否が分かれています。現在の条件に当てはまる家庭であれば、この助成制度は通信高校でも受けることができます。


通信高校の就学支援金

全日制の高校では学費など入学、進級でかかる費用が一定です。部活動などで家庭の負担は変わりますが、学費という面では授業料が生徒によって違うということはありません。しかし通信高校では履修を申し込んだ単位の数で学費が変わります。単位は修得した数ではなく、落としたとしても履修の申し込みを行った数分、かかるということです。そのため、就学支援金制度も単位によって区切られることとなりました。


1単位4812円、74単位まで

通信高校の就学支援金は、卒業に必要な最低単位の74単位分、1単位につき4812円のお金をもらうことができます。私立では単位の値段が変わってきますので、希望する通信高校の単位の値段から4812円をひいた金額×74単位分が、卒業に最低で必要な授業料金です。その他、施設整備費用などは援助の対象とはなりませんので、学校に確認しましょう。また奨学金制度では企業と提携し、返金不要のものを扱っているところもあります。

Comments are closed.