通信高校で自分と向き合う時間を手に入れる

全日制高校に通っていると、多くの時間を勉強や部活、友達付き合いで多く必要とされます。
普通の生活に回す時間なんて無くなっていく。自分のことを考える時間なんてどんどん無くなっていきます。
周りと同じ歩調で、周囲の人の顔色をうかがいながら、勉強に恋にバイトに忙しい。
それが普通なのでしょう。
ですがそんな、普通の生活を送るのに向いていない種類の人がいます。周りになじめない。会話が得意では無い。勉強が嫌い。集団行動が嫌い。
そんな人が全日制高校に通っているのはさぞ苦痛でしょう。もっと自分本位の生活を、学校生活を贈るために通信高校に通いましょう。
もっと自分のことを考える時間を。全日制高校では手に入らないものを通信高校で手に入れましょう。


通信高校で手に入れた多くの時間

確かに、集団生活で得られるものは多いです。
コミュニティの中で生活を送るのは生きていくための絶対必要な知恵が手に入るまたとないチャンスです。
ですがそれでは、自分はどこにいるのでしょう。
他人と話す自分を見つめてあげる自分はどこに?
そんな自分と向き合う時間が、通信高校なら手に入ります。
平日の朝から夕方までの時間を取られてしまう全日制高校のシステム。ですが通信制高校なら自分で登校スタイルが選べます。他人に自分の人生を縛られたくない人は、ここで自分の選んだスタイルで高校に通いましょう。
そしてその本来なら、「普通」なら手に入らない時間を自分のための、知識や知恵、それから経験を蓄える時間としましょう。
通信高校に通っていれば、高校卒業資格が手に入るところもあります。その後大学に通うことも、専門学校に通うことだってできます。


徐々に社会になじんでいけば良い

普通の高校になじめずに通信高校に編入、再入学したとしても、まだまだそこから取り戻せます。
そこで得た時間で自分がもっと社会に迎合できるように修正していくこともできますし、社会と距離を置きながら生きていくための準備期間とすることができます。
まだまだ生活は続きます。あなたが嫌だろうと、勝手に時間は流れていくのです。その中でだんだんと自分のスタイルを定めていけば良いのです。

Comments are closed.