通信高校の転学と編入

通信高校では随時転入や編入学を受け付けている高校が多いそうです。通信高校では単位制という、一年間を2つに分けて単位を修得、学年制ではなく3年間を一区切りとして、この間に74単位以上の単位を修得することで卒業を認められます。そのため、学年ごとの区切りが薄く、留年というものもありません。


通信高校の転入は随時行える

まず転入と編入の違いですが、転入は高校在籍期間に空白のない生徒の受け入れを指しています。法律上、2つ以上の高校に生徒が同時に在籍することはできません。そのため、学校を変える場合は学期末などの区切りで先生や学校同士も連絡を取り合い、生徒の在籍期間などを決めます。通信高校の場合、生徒の学力に応じて単位の修得を行えるので、転入は随時受け入れを行っているところがほとんどです。学年として2学年であっても、本人が転入後に基礎から、1年生の分野からのやり直しを希望するのであれば、基礎科目を履修できるのです。ただし、一度修得した単位は再履修しても単位には認められないので気を付けましょう。


編入は一度学校を辞めて再入学すること

編入は春と秋、前期と後期の区切りに受け入れている高校が多いそうです。転入との違いは、高校生ではない空白期間があること、つまり一度、中途退学をし、再入学を行うことを言います。この場合でも、2学年以降に中退している場合はすでに修得した単位を通信高校へ持ち込むことができます。通信高校へ編入を希望する場合は、まず通っていた高校に問い合わせ、単位修得証明書などをもらいましょう。

Comments are closed.